今日もイイコトあった?
楽しかったコト、嬉しかったコト、心と身体で感じたコト、疑問に思ったコト。。。
普段ならそのまま忘れてしまう、そんな日々の出来事を綴ります。
後々、自分でも振り返り読みたくなる、そんなブログを目指してがんばるどぉー!!!
http://iicoto.xii.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたばし花火大会
2007年8月04日(土)

会社の人たちに誘われて今年初参加となる花火大会へ。

やってきたのは荒川河川敷で有名な「いたばし花火大会

最寄駅であるJR戸田公園駅を降りるとそこはもう人たちでいっぱいだった。
でも、まぁ、まだこのくらいだったらなんとかなるかな。

と油断していたのがまずかった。

電車が次々と到着し、次から次へと人並みが押し寄せて。。。

あっという間に、人、人、人。。。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

そして、河川敷に到着した頃には、

見渡す限りの地面に、人、人、人。。。w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
こりゃ~、花火よりもすごいかも。

人ごみに圧倒されながらも場所取りしていた先発チームと合流し、
まずは缶ビールを1本を飲み干し一息入れる。

ん~、うまい!ヾ(@⌒¬⌒@)ノ

そうこうしているうちにあたりはだんだん暗くなってきた。

もうすぐ日が沈む。

さぁ、花火大会の始まりだ。

続きはコチラ
こうゆう大きい花火会場では本部が設置され、
注意事項や花火の説明などいろいろなアナウンスが流れてくる。

そしてアナウンサーの合図と同時にカウントダウンが始まる。

ごー、よん、さん、にー、いち、

どどーん!

掛け声が終わると同時に一斉に花火が空へと放たれる。
まだ、若干、空は明るいが、花火は十分に綺麗だ。

缶ビール片手に空を見上げ、気が向いたときにカメラを構えてパシャリ。
花火を写真に撮っても臨場感が伝わらないのは悔しいけど、
思い出くらいにはなるでしょう。

全部載せたかったけど整理するのが大変だったので
そこそこいいショットをチョイスしてつなげてみました。

それでは、花火たちをとくとごらんあれ♪
花火の玉が空中に浮かび、破裂する瞬間の重低音。
無数に広がる閃光と火の子。

やっぱりいいね。花火って。夏って感じ。

終盤に差し掛かると、目玉花火の登場だ。
いろんな形の花火とかあったけど、やっぱりこれは定番?

荒川の端と端をワイヤーで繋いだナイアガラの滝だ。
遠く過ぎて「なんとなーくきれい?」という感じ。
もっと近くだったら綺麗に見えてたのかな?

そして、今回の一番のベストショットをどうぞ。

4色の花火の連続打ち。
ピンぼけも手ぶれもほとんどなくきれいに撮れた一枚です。

どうっすか?なかなかの腕でしょ???(⌒∇⌒)

最後の最後にはど乱れ打ちで締めくくり。どこでも一緒だね。w

空が真っ赤に染まり、夕日のようにきれいだった。
写真に写ってるカップルのシルエットもなかなかいい感じ。

やっぱり夏の花火は最高~☆

さすがに一人で行く気にはならないけど、
また機会があったら行きたいねぇ。
この記事へのコメント。皆さんサンクス♪(#^ー゜)v

コメントの投稿














jun-sのみ表示を許可する。(皆には見せない。)


トラックバック
トラックバックURL
→ http://woodbells.blog29.fc2.com/tb.php/409-34303fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

jun-s

Author:jun-s
さーて、これから
何処へ行きましょ♪


ようこそ、あなたは
番目の
お客様です(^^)v

mixi 参加中!
Flickr 参加中!

fc2「ブロとも」歓迎♪(^^)

リンクはご自由にどうぞ
ご一報いただければ、
管理人はとても喜びます♪(^-^)b

今日もイイコトあった?
静止バナー画像はコチラ

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になるBlogLink

  ⇒マイブログにリンク追加♪
  ⇒このブログに友達申請する

Yahoo! ログール

ブログ内検索

RSSフィード

Calendar

≪ schedule ≫.
2008/10
10/4-5 温泉旅行(四万)
10/19 東京10Kハロウィンラン
2008/11
2008/12

ジョグノート

gremz

地域別アクセス解析


ジオターゲティング

Commercial Message

アマゾン@今日の一押し商品

Barometer

boople

boople 本の検索
booplesearch

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。